形狩りの衆(代表:山本 直)

展示作品『ひとつになる先輩たち』

《設置場所》

抜里駅エリア 天野邸(島田市川根町抜里210-1

《作品プラン》

昨年、小学校を会場にした「顔の家 駿河徳山」を行い、地域の学校が抱える切実な課題に触れた。もっと子どもたち自身のために、また校舎という場のために何かできることがあるような気がして話し合う内、川根本町の小中学校全6校を1年かけて巡回する展覧会「ひとつになる展」構想に発展(脱線)し、今年度はライフマスク製作活動を休止した。

今回の展示は、過去3年間のライフマスク57面に、この特別活動「ひとつになる展」の出品作から6点を加えた報告展としたい。コロナ禍で観覧が叶わなかった、他校の子供たち(学校毎別々な2点程度を展示したので)、保護者や地域の方々、賛同してくれた出品者達、そしてもちろん、過去の相貌を残してくれたライフマスクWS参加者の皆さんに観覧してほしい。

形狩りの衆[代表:山本 直] (Shape hunters [Principal: Tadashi Yamamoto])

 形狩りの衆は「顔の家」プロジェクトのために、山本の呼びかけで集まった型取りの技術者集団で、地域住民とライフマスクを製作するワークショップを通じ、そこに住む人々の存在証明としてアーカイブを目指すとともに型取り技術の伝承を試みている。

《CV》

  • 1982年|日本大学芸術学部彫刻科卒業(山本)

《展覧会等》

2019UNMANNED展(大井川鉄道、静岡) 続・川狩りメンバーとして参加(山本)
2019形狩りの衆 活動開始
2020顔の家ワークショップ ヌクリプラザ 同 元魚屋(久野脇)
2020UNMANNED展(大井川鉄道、静岡)顔の家久野脇
2021顔の家ワークショップ 花ねこ 同 ヌクリハウス
2021UNMANNED展(大井川鉄道、静岡)顔の家下泉
2021顔の家野焼きパフォーマンス「eternityに向かって」(artist: 堀)
2021顔の家ワークショップ 中川根第一小学校①
2021「形狩りの衆がやってきた」(講師:堀)中川根第一小学校連携授業

《その他》

  • 1996~98県立美術館学芸課主査(山本)
    ジョージ・シーガル展を担当し、同展ワークショップの講師としてライフマスク製作を指導(1996)

《過去作品》