関口恒男

展示作品『島田レインボーハット』

《設置場所》

JR島田駅北口広場

《作品プラン》

島田駅前広場に虹を投影するドーム「レインボーハット」を作ります。

ハット(HUT)とは質素な小屋を意味し、水と鏡から出来たプリズムで太陽の光を反射してハットの内部に虹(スペクトル)を投影します。

原始人が焚き火の周りに集まりみんなで踊っていたような場所を、焚き火の代わりに虹を使い、人々が集える場所、いっしょに踊れる場所を作ります。

レインボーハットは、プロのダンサーが観客に見せるために踊る場所ではなく、それぞれが自分自身を理解するために踊る場所です。また同時に踊らなくてもいい場所です。

関口恒男(Tsuneo Sekiguchi )

17歳位の頃から自分の存在、この世界とは何なのか強い哲学的な疑問を持ち始めました。
安易な意味や目的を受け入れることを強く拒否し、何もわからないまますさんだ精神状態でいました。
それが当時の私にできる最も真摯な態度でした。
そんなある日、朝目を覚ますと世界がクリアーでびっくりするほど美しく見えました。
大学受験に失敗し浪人中でしたが、進路を変更し絵の道に進もうと決めました。
この美しい世界となんらかの関係を持つには、そのときは絵を描くという方法しか思いつきませんでした。
その後美大を卒業し、アルバイトをしながら制作をしていましたが、再び哲学的な疑問に突き動かされて、31歳の時に美術をやめて海外に放浪の旅に出ました。
インドの西海岸にあるゴアという街にたどり着きました。ゴアは60年代からヒッピーが住み着いている所で、私が始めて訪れた1986年は、新しいダンスムーブメントが始まりつつある時でした。
そこで自分の体を動かして踊ることに深く興味を持ち、毎日のように踊っていました。
ある朝、踊っている時に、突然自分がこの世界そのものであることを理解しました。
自分がこの世界を観察している存在であると思っている時、あの哲学的疑問が生まれるのだと思いました。
しかしその時、私は私が見ているこの世界そのものであると理解しました。
この体験から、ダンスをする場所「レインボーハット」を作ることを思い立ちました。
水と鏡で作る虹は、学生の頃偶然発見しました。当時はあまり興味はなっかたのですが、ゴアでダンスと結びつきました。
創造とは全く新しいことが起こることだと思います。
人がその当人の観察しているものそのものであると理解する時、世界は全く新しく、そのことが創造だと考えています。
レインボーハットはそのような理解をできることを願って作っている作品です。

《過去作品》